Google Glassは便利?危険?

googleglass
日本発売の噂に「欲しい!」という声もちらほら聞こえてくるGoogle Glass。
視界上に地図ルートを表示させたり、メモを見ながら買い物できたり、さらには見ている文字をその場で翻訳など、便利さがピックアップされることが多いですが、そのカメラ機能については今後問題視されることになるかもしれません。

Google Glass最大の特徴は、スマートフォンで行っているようなことを、手を使わずに声やまぶたの動きで行うことができることです。しかも、通信機能を備えているので、見ている風景を他人と同時に共有することもできます。まさかGoogle Glassを着けてスカートの中を覗く者はいないと思いますが、アメリカではGoogle Glassを着けている人が、運転していて罰金を取られたり、映画館で(映画の無断撮影の容疑で)逮捕されたりしたケースが報告されています。日本でも同じようなことが起こるのではないかと思いますが、社会的により深刻な問題になるのは、Google Glassを装着して通行中の人たちを網羅的に撮影したり、会話を録音したりすることです。

私たちは外を歩くときは顔を隠さずに歩いていますが、撮影されることに同意しているわけではありません。喫茶店で友人たちとおしゃべりしますが、録音に同意しているわけではありません。顔写真は、内閣府が2006年に行った世論調査では、銀行口座、年収についで、他人に知られたくない個人情報の3番目にあげられていますし、無断録音についても同じようなことではないかと思います。また、Google Glassに顔認証技術を組み合わせ、ネットにアップされている顔写真などと自動照合することによって、向こうから歩いてくる見ず知らずの人が、どこの、だれだか、時には犯罪歴(!)までもが瞬時に分かる仕組みもすでに実用化されています。

公共の場で個人的に使用されるGoogle Glassは、まさにプライバシーを侵害する「動く監視カメラ」となるのです。

Google Glassに模造刀なみの法規制を(園田寿) – 個人 – Yahoo!ニュース

個人を盗撮したのではないですが、アメリカでは既に映画館でGoogle Glassをつけていたら映画盗撮を疑われて尋問をうける、などの事件も起きているようです。
Google Glassを付けたまま映画館で映画を観てたら逮捕されたでござるという話(山本 一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

現在も電車などで盗撮(了解を得ずにひそかに撮影)→SNSにさらす、など問題になることが多いですね。
便利さの反面、プライバシーを侵害される可能性があるのは心配です。

これもひどい

最新記事

「これはひどい」公式Twitter